見つけたら早めに対策を|生活空間を脅かす鳩|トラブルを防ぐためには早めに対策を

生活空間を脅かす鳩|トラブルを防ぐためには早めに対策を

見つけたら早めに対策を

蜂

生態や初期に行う対策は

アシナガバチは、スズメバチ科に属しているので、素人にはスズメバチとの区別が難しいです。アシナガバチの中でも種類がたくさんありますが、ほとんどはおとなしい性格で、刺激しなければ攻撃を受けることは少ないことが特徴です。しかし、刺された場合にはスズメバチに匹敵する猛毒を持っているため、巣を発見したら早期に駆除を行う必要があります。まず、巣が小さい段階は比較的簡単に駆除が可能です。直径5センチくらいまでであれば、市販の防護服でしっかりと身を守ることで対策が可能ですし、殺虫スプレーも市販のもので十分です。巣にいるアシナガバチも限られた数しかいないため、それほど攻撃を受ける危険性が高くないタイミングと言えます。

中期以降はどうしたら

初期に巣を発見できなかった場合は、女王蜂が産卵を終えて働き蜂がふ化してしまう可能性があります。働き蜂がふ化してしまうと、巣を守るために攻撃を仕掛けてくる危険性が非常に高くなります。駆除を行うためには、防護服を着用することはもちろんですが、殺虫スプレーを複数用意するなどして万全の対策を行う必要があります。巣が完全に出来上がってしまった場合は、個人で対処することは避けましょう。普段はおとなしいアシナガバチですが、巣を攻撃されると一斉に襲い掛かってきます。刺されるリスクが非常に高いため、必ず専門の駆除業者へ依頼しましょう。駆除後は、同じ場所に巣を作る可能性が高いために監視が必要です。巣を作り始めたら、早期に駆除を行いましょう。