早めに対処|生活空間を脅かす鳩|トラブルを防ぐためには早めに対策を

生活空間を脅かす鳩|トラブルを防ぐためには早めに対策を

早めに対処

ハチ

秋に最大になります

秋になると、徐々に見かける虫の数も減ってきて、コウロギ、鈴虫、キリギリスといった秋を代表するような虫が主体になってきます。それまで、虫を狩って子育ての食料としていたキイロスズメバチは、餌の確保に苦しむようになってきます。一方で、ハチは次々に大きくなっていく巣を維持するために、大量の食糧が必要になってきます。特に、秋が深まってくると、種を存続させるための女王蜂を育てることから、一層の食糧確保が必要になります。そのため、キイロスズメバチは餌の確保と、巣の防衛が大きな課題となり、ミツバチの巣を襲ったり、これまでで最大級になった巣に近寄る敵に対して、攻撃を仕掛けるようになってくるのです。これが人家に近い場所や、頻繁に利用する道路であると、駆除対象として考えざるを得ない状況になってくるのです。

攻撃性を知る

このようにキイロスズメバチは、攻撃性が高くなるには理由があり、人を襲うことは最後の手段ともいえることから、できる限りそっとしておくのが、一番の対処方法といえます。しかし、生活圏と重なってしまうと、お互いの誤解が事故を招いてしまうこととなるため、必要時には駆除が必要となるわけです。駆除する際に知っておきたいこととしては、キイロスズメバチなどのスズメバチの仲間は、明るいうちよりも暗い時のほうが活性が落ちてきます。そのため、駆除作業を行うときは暗い時のほうが、ハチの攻撃性は低くなってやりやすいと考えられます。しかし、現実問題としては、暗い時は人間も視野が狭くなることもあり、昼間を選ぶことも多くなりますが、その代わり、しっかりとした防護服を準備して駆除作業を行うことが大切です。